未来の学校教育に三つの柱 「未来の教室」第二次提言案

経産省は6月10日、「未来の教室」とEdTech研究会の第10回会合を都内で開き、EdTechを活用した教育プログラムの開発を盛り込んだ第二次提言の素案を公表。未来の学校教育を構築する三つの柱として、①学びのSTEAM化②学びの自立化・個別最適化③新しい学びのインフラ構築――を提起した。

素案では、教育改革の現状と課題について、平成の30年間は「時代の変化に対応できなかった結果、急速に勢いを失った」と指摘。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。