「先生自ら問題解決者に」 学校教育でのPBLをトーク

高校向けにPBL型の教育プログラムを提供している「青春基地」主催のイベント「学びの未来地図2019~学校と企業における学びの再定義~学校編」が6月12日夜、都内で開かれた。学校教育におけるPBLの展開をテーマに、桐蔭学園理事長で、同学園トランジションセンター所長の溝上慎一氏らが語り合った。

同イベントにはオンライン参加を含め、教育関係者ら約80人が参加した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。