日本語指導で教員の資質能力を向上 検討チームが対応策

新たな在留資格「特定技能」の設置など外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法が今年4月に施行されたことを受け、文科省の「外国人の受入れ・共生のための教育推進検討チーム」は6月17日、第8回会合を開き、今後増加が予想される外国人児童・生徒への教育の充実などを盛り込んだ報告を取りまとめた。重点的に取り込む事項として▽外国人児童生徒などへの教育の充実▽外国人に対する日本語教育の充実▽留学生の国内就職促進・在籍管理の徹底――の3点を掲げた。

検討チームの座長を勤める浮島智子文科副大臣は、同日開かれた会合であいさつに立ち、「日本人と外国人が共に生きる社会の実現に必要なアクションを取りまとめた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。