【読者投票】教員の長時間勤務が改善している実感ある?

6月19日に発表されたOECDの2018年「国際教員指導環境調査」(TALIS)によると、中学校教員の仕事時間は参加国平均が38.3時間なのに対し、日本は56.0時間。参加国平均が公表されていない小学校でも日本は54.4時間で、小中共に参加国中、 仕事時間が最も長いという結果が出ました。

一方で今年1月には、中教審が「学校における働き方改革の総合的な方策」を答申し、文科省も「公立学校の勤務時間の上限に関するガイドライン」を策定するなど、働き方改革が進められています。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください。
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。