「市民科」「シチズンシップ教育」 主権者教育の先進例聞く

学校現場での主権者教育の在り方を議論している、文科省の主権者教育推進会議は6月24日、第6回会合を開き、小、中、高校の各段階における主権者教育で、先進的な取り組みをしている自治体からヒアリングを実施した。東京都品川区の「市民科」と、神奈川県が主に県立高校を対象に実施している「シチズンシップ教育」について、主権者教育の視点から検討した。

小中一貫教育に取り組む東京都品川区では、2006年度以降、小学校1年生~中学校3年生までの各学年で週2~3時間、「市民科」を教育課程に位置付け、地域に対する課題意識を持ち、実践する力を育てている。「市民科」の教科書も作成し、9年間を通じて、発達段階に応じた授業展開を実現している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。