ICT機器導入でモデル例 先端技術の活用で文科省方針

学校のICT環境整備や教育ビッグデータの活用の推進に向けて、文科省は6月25日、「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の最終まとめを公表した。学習指導要領の内容をコード化するなどして、教育データの標準化を進めるほか、学校におけるICT環境の安価な整備を促進するため、ICT機器やネットワーク環境などのモデル例を示した。合わせて同省は柴山昌彦文科相を本部長とする「先端技術・教育ビッグデータ利活用推進本部」を省内に設置し、同日、初会合を開いた。

最終まとめでは、学校において先端技術を活用した教育を展開していく上での課題として、ICT環境の整備に地域間格差があり、市場価格と比べて導入コストが高いことや、学習履歴などの教育データを収集していても、サービス提供者や使用者によって規格が異なり、共有や比較が十分にできていない現状があると指摘した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。