虐待の疑いある子供1万3742人 文科省などが最終集計

児童虐待死の防止を目指す文科省と厚労省の合同プロジェクトチームは6月26日、学校を長期欠席している児童生徒らを対象に実施した、緊急安全点検の最終集計結果を公表した。4月15日までに教職員らが面会できなかった1999人を改めて調べたところ、新たに704人の児童生徒に虐待の疑いがあったとして、児童相談所や警察に連絡した。これにより、学校と教委が児相、警察と情報共有した児童生徒は計1万3742人となった。

この緊急安全点検は今年2月14日時点で、幼稚園、小、中、高校、特別支援学校などを2週間以上欠席中の児童生徒18万7462人を対象に実施。……