【教科分担制】横浜市長が中教審に提案 先行事例示す

横浜市の林文子市長は6月26日、文科省で中村裕之政務官に面会し、小学校高学年における「教科分担制」を中教審で取り上げるとともに、学校運営を支援するためにチーム・マネジャー(学年主任)を教職員定数に位置付けるよう提案した。

同市では、2018年度から高学年チーム力強化推進校に指定した市内の小学校8校で、高学年を担当する教員が複数の教科を分担して指導する教科分担制を取り入れ、同時に学級担任を持たないチーム・マネジャーを配置する「チーム学年経営」の試みを進めている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。