【千葉の女児虐待死事件】中間まとめで29課題

千葉県野田市の女児虐待死事件を検証する文科省と厚労省の合同プロジェクトチーム(PT)は6月26日、厚労省で第7回会合を開き、野田市など各自治体の調査報告を受け中間まとめを公表した。児相の調査不足やリスク評価の形骸化、学校など関係機関の連携不足など、29の課題を挙げた。

さらに本事件を受け今月成立した改正児童虐待防止法で、学校や教委に課せられた児童生徒の情報についての守秘義務について、周知徹底することなどを明記した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。