【読者投票】学習者用端末を1人1台 整備できると思う?

文科省は6月25日、「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」の最終まとめを公表しました。2025年までに児童生徒3クラスに1クラス分程度の学習者用端末を導入し、「1人1台の環境」を実現しようとしています。

また、同日に出された、経産省の有識者会議「『未来の教室』とEdTech研究会」の第2次提言でも、ICT環境を整備して児童生徒に1人1台の学習者用端末を確保するため、調達の在り方の見直しやBYOD(自分のデバイスを持ち込むこと)に踏み出すことを求めました。

しかし、18年度時点の学校における学習者用端末の導入状況は、全国平均で学習者用端末1台当たり児童生徒5.6人。都道府県によっても整備状況に差があります。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください。
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。