【柴山昌彦文科相・工藤勇一校長】学校は手段にすぎない

柴山昌彦文科相は6月28日、定期テストや宿題の廃止など先進的な取り組みで知られる東京都千代田区立麹町中学校を視察し、同中の工藤勇一校長から学校改革の考え方について説明を受けた。視察終了後、柴山文科相は「ビジョンのあるリーダーシップがあれば、さまざまな学校改革が現行の制度内でできることを実感した」と述べた。

この日の視察ではまず、工藤校長が柴山文科相と文科省初等中等局幹部に、麹町中の取り組みを説明する座学からスタート。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。