【読者投票】教科担任制と学級担任制 どちらがいい?

中教審が新設した「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」の初会合が6月27日に開かれ、小学校高学年での教科担任制導入に向けての議論が始まりました。

会合内のフリートーキングでは、茨城県つくば市の学校長が小中一貫校で小学5年生から教科担任制を導入した事例をあげ、「教科担任制は教員の専門性が発揮できるだけではなく、子供の心も安定する。学級担任の教員と相性が良くない児童でも、教科担任にいろいろな相談ができる。教員が子供と向き合うためにも、良い制度だ」と成果を報告しました。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください。
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。