「学校は批判的に見られている」 学校事故テーマに

「学校事故の危機管理」と題したワークショップ(日本女子大学教職教育開発センター主催)が6月29日、都内で開催された。教員ら約50人が参加。学校で起こる可能性があるさまざまな事故の危険について、実際の事例や判例を踏まえた講義とグループ協議があった。

同センターの坂田仰教授は講義冒頭で、学校の訴訟リスクについて説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。