【共通テスト】英語民間試験 TOEICが参加取り下げ

大学入学共通テストで導入される英語の民間資格・検定試験を巡り、大学入試センターは7月2日、大学入学共通テストの英語成績提供システムへの参加を、TOIECが取り下げたと発表した。

TOEICの参加取り下げについて見解を述べる柴山文科相

TOEICで英語成績提供システムの参加申し込みを取り下げるのは、要件を満たしているとされていた「TOEIC Listening & Reading Test」と「TOEIC Speaking & Writing Tests」の両試験。

日本国内で「TOEIC Program」を運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)によると、両試験は日程や申し込み手続きが別々に実施される。そのため、試験の申し込みから実施運営、結果提供までの処理が、当初の想定よりも複雑になることが判明。20年4月からの英語成績提供システムへの対応は困難であると判断し、受験生への影響を考慮して、大学入試センターとの協定書締結前に参加申し込みを取り下げたという。

21年以降の英語成績提供システムへの参加は検討中。

共通テストでの英語の民間資格・検定試験の受験では、非課税世帯などの経済的に困難な生徒や離島・へき地に居住・通学している生徒については、例外措置として、高校2年生のときに受験した民間資格・検定試験でCEFRのB2以上の成績を取っていれば、その結果を活用できるとされている。

文科省では、例外措置の対象となっている生徒が本年度すでにTOEICを受験している場合は、その成績を使えるようにする方針。

また、英検の「英検 2020 2days S-Interview」については、対象は障害のある受験生のみとなる。

大学入試センターは今月中をめどに、英語成績提供システムに参加する英語の民間資格・検定試験との協定書締結を完了する予定。

柴山昌彦文科相は7月2日の閣議後会見で「受験生が不利益を被ることのないよう、大学入試センターと協力して高校や大学に対し周知していく。試験実施主体であるIIBCが総合的に判断した結果であり、やむを得ないものであると受け止めている」と述べ、昨年に続き、本年度も高校へのニーズ調査を実施し、各団体に対し、試験会場の確保などを要請していく考えを示した。


関連