【工藤勇一校長】柴山文科相に語った学校改革と教員像

定期テストの廃止など学校改革の取り組みで知られる工藤勇一校長の東京都千代田区立麹町中学校(生徒428人)に6月28日、柴山昌彦文科相が視察に訪れた。メディアには非公開だった柴山文科相との意見交換内容を含め、工藤校長が視察終了後に記者団に説明した内容を詳報する。

工藤校長は、教員・生徒・保護者それぞれに当事者意識を持たせることから学校改革をスタートさせ、大人への不信感が強い生徒たちをリセットするために一定の時間をかけながら、最終的には自分を俯瞰(ふかん)的・客観的にみるスキルを養うことで生徒に社会で生き抜く能力を身に付けさせていくという、実践と経験に裏付けられた独自のアプローチについて説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。