いじめ第三者委が異例の解散申し入れ 市教委に意見書

山梨県北杜市で自殺を図った女子生徒(14歳)に対するいじめを巡る問題で、市教委が設置した第三者委員会が7月3日、同市教委に対応の不備を指摘し、「第三者委を解散し、新たな委員で再度立ち上げるべきだ」とする意見書を提出した。

市教委によれば、女子生徒は中学1年生だった2017年11月、生徒指導担当の教諭に「死にたい」と話し、自宅で自殺を図った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。