京大iPS細胞研究所 公立中で課題解決型学習の出前授業

2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が所長を務める「京都大学iPS細胞研究所」の研究員らを招いた課題解決型学習の出前授業が7月4日、京都府向日市立寺戸中学校(竹林広司校長、生徒518人)で行われた。

京都府教委では今年度から、府内の5公立中学校と、京都府を中心に活躍している企業・大学が連携して課題解決型学習を行う「未来の担い手育成プログラム」を実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。