中学校での遠隔教育の特例制度を創設 文科省が意見公募

中学校などでの遠隔教育の実証を行うため、文科省は7月5日、特例制度の創設に関するパブリックコメントの募集を開始した。対象となるのは、中学校、義務教育学校後期課程、中等教育学校前期課程、特別支援学校中学部。同19日まで募集する。

同制度では、文科相が定める基準を満たせば、受信側の教師がその教科の免許を持っていなくても、多様なメディアを駆使して、遠隔教育による授業を生徒が履修できるようにする。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。