「せんせいロボット」をプログラミング 児童らが体験

東京都渋谷区立鳩森小学校(鈴木優子校長、児童125人)で7月9日、プログラミング授業が公開され、電子部品メーカーの村田製作所が開発した教材「動け!!せんせいロボット」を5年生22人が体験した。

「せんせいロボット」が動き出し、盛り上がる児童ら

「動け!!せんせいロボット」は5月から村田製作所が出前授業を行っており、小学4~6年生がメインターゲット。

児童らがカスタマイズした頭部を同社の社員が装着し、「せんせいロボット」になる。児童らはタブレット端末で指示を送り、ロボット役は頭部に内蔵されたスマホ画面を見ながら、指示通りに動く。

2~3人のグループに分かれた児童は、「AからB地点に動く」「穴をくぐる」などのお題に沿って、「前に1マス進む」「しゃがむ」「右に90度回転」といったコマンドを手元のタブレットでプログラミングし、ロボットに指示。成功するとロボットが決めポーズをし、歓声が上がった。

さらに難易度の高い動作にも挑戦。箱を持ち上げて移動したり、腕立て伏せをしたりなどの指示を出した。およそ20種類のコマンドの中から、どのように組み合わせれば効率的に、正確に動作できるかをチームで話し合いながら作業した。

講師を務めた村田製作所の社員は「一つ一つの動きを分解してごらん。腕立て伏せをする姿勢になるには、まず何をすればいいかな」とアドバイス。児童らは自分で手や足を動かしてポーズを取りながら、プログラミングを進めた。

教材の開発に携わった同社広報部の吉川浩一氏は「画面上だけで完結するプログラミングでは、機械的な作業になる。あえて人間にロボット役をさせることで、コミュニケーションが生まれ、子供たちはより深く考えられるようになる」と狙いを明かした。

授業に立ち会った鈴木校長は「エンジニアがどのように挑戦して物を作り出すかに触れ、児童の驚きや興味、関心を広げることができた。当校は1人に1台、タブレットを支給し、日常的に使っている。2020年のプログラミング必修化に向け、取り組みを加速させたい」と話した。