高度情報技術による教育革新 研究開始した国研がシンポ

今年度から「高度情報技術の進展に応じた教育革新に関する研究プロジェクト」に取り組む国立教育政策研究所は7月9日、同プロジェクトのキックオフシンポジウムを文科省で開いた。教育関係者ら330人が参加。AIとビッグデータの活用事例に関する講演や、研究者らによるパネルディスカッションが行われた。

講演では、京都市教育委員会の佐々木圭・学校指導課次世代教育推進担当係長が、京都大学やNECと連携して取り組んでいる「未来型教育京都モデル実証事業」の成果と課題を報告。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。