遺伝子の優性⇒顕性、劣性⇒潜性に 日本学術会議が提案

教科書で遺伝子の説明に出てくる遺伝子の特徴を示す生物用語「優性」「劣性」について、優劣を意味するかのような誤解を与えかねないとして、日本の科学者で組織される日本学術会議は7月8日、優性は顕性に、劣性は潜性に言い換えるよう提案する報告を公表した。また、高校の生物の教科書で2000語を超える生物用語が重要と指定されていることが弊害を生んでいるとして、最重要語251語と重要語243語の計494語を高校の生物教育で学習すべき用語として改めて選定した。生物の教科書が大きく変わる公算が大きい。

公表された報告は「高等学校の生物教育における重要用語の選定について(改訂)」。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。