【読者投票】遺伝子の「優性」「劣性」 言い換えに賛成?

教科書で遺伝子の説明に出てくる「優性」「劣性」の生物用語について、遺伝子の特徴を示す表現なのに、優劣を意味するかのような誤解を与えかねないとして、日本学術会議が7月9日、優性は「顕性」に、劣性は「潜性」に言い換えるよう提案する報告を公表しました。

2017年の報告では優性・劣性を「見出し語」に、顕性・潜性を「別名」として記載しましたが、言い換えを許容する流れが定着してきたとして、今回の報告では顕性・潜性を見出し語に採用しました。

ただし、中学校の現行教科書では優性・劣性で記載されているため、混乱を防ぐために優性・劣性も別名として記載するとしています。

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください。
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。