18年版厚労白書を公表 待機児童問題への対策を整理

厚労省は7月9日、2018年版の「厚生労働白書」を公表した。待機児童問題の解消に向けた施策や、児童虐待防止対策について整理した。

子育て支援では、待機児童数の増加や女性の就業率上昇による保育ニーズの増加などを受け、17年6月に策定した「子育て安心プラン」を踏まえ、20年度末までに32万人分の保育の受け皿を確保し、待機児童を解消するとした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。