【参院選2019】若者と政治 主権者教育の課題を聞く

7月21日に投開票される第25回参院選は、2016年に選挙権が18歳に引き下げられてから3度目の国政選挙となる。全国の学校で模擬投票などの主権者教育の実践が行われている中、政治や選挙を若者に分かりやすく伝えようと、情報発信や学校と連携した教育事業を展開する「POTETO Media」の取り組みが注目を集めている。同5日に東京都立高島高校で行われた、高校3年生対象の「政治・経済」の授業でゲストティーチャーを務めた同社の古井康介代表に、日本の主権者教育の課題を聞いた。
――政治を若者に分かりやすく伝えようと取り組む中で、感じている課題は。

日本の政治の問題点は、政策のターゲットとなっている人がその政策について知らないことだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。