インスタがいじめ対策を拡充 不適切コメントに警告

画像共有アプリのInstagram(インスタグラム)は7月9日、いじめ対策の機能を拡充すると発表した。投稿前の不適切なコメントを検出し利用者に警告したり、特定のアカウントのコメントを非表示にしたりできる。

投稿前の不適切なコメントへ再考を促す通知(インスタグラム提供)

新機能では、AIが他人を不快にさせたり、傷つけたりする可能性の高いコメントを特定し、投稿前に再考するよう利用者へ通知する。

さらに、相手に知られることなく加害者のコメントを非表示にしたり、ダイレクトメールの内容を確認したりなども可能。加害者に把握されずに、望まないやり取りから解放される仕組みを構築する。

インスタグラムはこれまでも不適切なコメントや写真を検出し非表示するなど、いじめ防止に向け対策を講じてきた。

責任者のアダム・モッセーリ氏は「オンライン上のいじめの被害を経験するのは10代の若者が最も多いが、被害を報告しないケースが多い。いじめ対策機能への投資は非常に重要な意味を持つ」とコメントしている。