生き方や価値観の探究を 外国にルーツ持つ講師らが授業

グローバル化社会の生き方について考えさせる授業とは――。神奈川県立横浜清陵高等学校(田中顯治校長、生徒870人)で7月11日、NPOと連携した1学年対象の探究の公開授業があった。

同校は県教委から「総合的な探究の時間」の研究開発校に指定され、生徒に生き方や価値観を探究させる教育モデルの開発を目指し、カリキュラム編成や運用、評価のあり方を模索している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。