【藤原和博氏】学校で「なくなっていく仕事」を考えよう

次世代の人材育成について企業と教育関係者が考えるイベント「教育CSRフォーラム2019」が7月11日、都内で開かれ、東京・杉並区や奈良県奈良市で民間出身の校長を務めた藤原和博氏が基調講演で、今後の教育現場の変化について「なくなっていく仕事が何で、なくならない仕事が何かをよく考え、ICTをうまく使いながら対応していくしかない」と語った。

このイベントは、Society5.0時代を見据えて産業界と教育界が育てたい人物像を共有し、次のアクションを考えることを目的に開催された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。