短い練習で全国常連の秘訣 静岡聖光で部活動サミット

 さまざまな競技の部活動をする中高生が全国から集まった「部活動サミット」が7月14、15日の2日間、静岡市の静岡聖光学院中学校・高校(星野明宏校長、生徒460人)で開かれた。サッカー日本代表選手をはじめ多くのJリーガーを輩出した、熊本県立大津高校サッカー部総監督で熊本県宇城市教育長の平岡和徳氏が講演し、生徒らに1日100分の練習でチーム力を上げる秘訣(ひけつ)を語った。

 大津高校サッカー部は1993年に平岡氏が監督に就任してから現在まで、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に20回、全国高等学校サッカー選手権に17回出場する公立校の雄ながら、平日のチーム練習は放課後のわずか100分間のみと短いことで知られる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。