【中邑賢龍教授】コンセプトはスクランブルエデュケーション

「渋谷区が目指す多様な子どもたちが共に学ぶ場―スクランブルエデュケーション」と題したトークイベントが7月16日夜、都内で開催された。本紙電子版掲載中の特集「学級に馴染めない子供たちをどう伸ばすか?」の中邑賢龍教授(東京大学先端科学技術研究センター)のトークセッションなどが行われた。

同イベントは、東京都渋谷区が展開する「特別な才能に着目した新たな教育システムの構築事業」の一環で、教員ら約100人が聴講。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。