文化部の休養日や活動時間 10道府県で高校に独自基準

高校の文化部活動について、10道府県が、文化庁が策定した「文化部活動ガイドライン」よりも休養日を少なく、活動時間を長く設定する独自基準の方針を掲げていることが7月16日、日本部活動学会(会長・長沼豊学習院大学教授)の調査で明らかとなった。回答を寄せた都道府県のうち、24都道府県が文化部活動の方針をすでに策定しており、残りの自治体でも今年度中に策定予定であることも分かった。

同調査によると、方針を策定済みなのは▽北海道▽秋田▽宮城▽栃木▽群馬▽埼玉▽千葉▽東京▽神奈川▽富山▽石川▽愛知▽岐阜▽三重▽京都▽大阪▽奈良▽島根▽広島▽徳島▽香川▽愛媛▽大分▽沖縄――の24都道府県。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。