小5の授業でAIの画像認識に挑戦 グーグルが協力

東京都町田市立町田第三小学校(野末直美校長、児童474人)で7月18日、5年生を対象に、AIによる画像認識を体験するプログラミングの授業が行われた。児童らはぬいぐるみや自分で描いたイラストなどを持ち寄り、AIにそれらの画像を学習させ、似ているもの同士を識別させるなど、画像認識に挑戦した。

文科など3省が設定した、9月の「未来の学び プログラミング教育推進月間」に先駆けて実施され、グーグル合同会社が教材提供や授業計画に協力。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。