誰も取り残さない教育を 京都市でSDGsのフォーラム

教育に関わるSDGs目標の達成を目指すフォーラムが7月17日、京都市で開催された。主催は京都教育大学で、教員や教員志望の学生ら約180人が参加した。「誰一人取り残さない教育の実現」をテーマに、講演や取り組み報告、意見交換が行われた。

文科省総合教育政策局の小林美陽教育専門官が、「外国人児童生徒の教育に関する現状と施策の動向」をテーマに基調講演。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。