高校統合で県と市、教職員組合が対立 埼玉県

埼玉県教委が県立高校統合・新校設置を提案したことに対し、地元の飯能市や県教職員組合らが案の撤回を求めるなど反発している。小松弥生県教育長は7月19日、記者会見で「丁寧にやっていたつもりだが、行き違いがあったことは残念だ」と語った。

県教委は今年6月、「魅力ある県立高校づくり 第1期実施方策(案)」を示し、1学年5クラス以下の県立全日制高校を対象に再編を進め、2029年度までに10~13校削減する方針を掲げた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。