教科担任制とICT教育の事例を報告 中教審合同会議

中教審初等中等教育分科会の合同会議が7月24日、文科省内で開かれ、小学校高学年への教科担任制導入を検討するため、すでに教科担任制を採用している兵庫県や横浜市の事例について、ヒアリングを行った。後半では、ICT教育の事例としてAI型タブレット教材キュビナと、茨城県つくば市のみどりの学園義務教育学校について報告を受けた。

この日の会議は、初等中等教育の課題を横断的に議論するため、新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会、教育課程部会、教員養成部会の合同会議として開催された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。