インターハイが中止の危機 高体連が4千万の寄付募る

高校生アスリートにとって最高の舞台である全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が、2020年夏の開催をめぐり、「歴史上初めての中止の危機」にひんしている。東京五輪パラリンピックと開催時期が重なり、当初予定していた北関東から競技を全国に分散して開催することにしたところ、経費の不足が問題となり、開催そのものが危ぶまれている。全国高等学校体育連盟(高体連)は7月25日、2020年インターハイの開催費用について、クラウドファンディングで寄付を募るという異例の発表をした。目標金額は4千万円。

高体連によると、20年のインターハイは北関東が開催地。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。