共通テスト英語民間試験「不安増すばかり」 全高長が要望書

大学入学共通テストの英語民間試験活用を巡り、全国高等学校長協会(全高長)は7月25日、高校の不安解消を求める要望書を、萩原聡会長(東京都立西高校長)が文科省の伯井美徳高等教育局長に提出した。全ての実施団体から資格・検定試験の詳細が公表されていないため、生徒への指導や来年度の年間行事計画作成に支障をきたしているとして、早期の対応を求めた。

要望書では、TOEICの参加取り下げなどを挙げ、「枠組みの全体像が明確になっていないため、不安は増すばかりであり、教職員をはじめ、生徒・保護者からの問い合わせにも、校長として責任ある回答ができず、説明に苦慮しているのが実情」と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。