ICTで遠隔から部活指導 顧問の負担軽減へ、気仙沼市

宮城県気仙沼市教委は7月25日、仙台大学(宮城県柴田町)、ソフトバンク(東京都港区)と「ICT等を活用した部活動支援事業に関する連携協定」を締結し、スポーツ遠隔指導を柱とした部活動支援を始めることを明らかにした。同社のICT技術を活用し、仙台大学の教員が遠隔地から中学校の部活動を指導する。顧問を務める教員の負担を軽減しながら、部活動のレベルアップや生徒の競技力向上を図る狙い。

使うのは同社のオンラインレッスンサービス「スマートコーチ」。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。