ストレス解消に「涙活」を 養護教諭が「泣くこと」学ぶ

明日笑うために、今日泣く――。「涙活」セミナーが7月26日、川崎市内で実施された。同市内の学校に勤務する養護教諭120人が参加し、涙を流すことの効果や泣き方のポイントなどについて指導を受け、感想を共有した。

講師を務めたのは、感涙療法士の吉田英史氏。高校教員やスクールカウンセラーの経験があり、相談中に泣き出す生徒ほど早く立ち直ると気付いたことから、「涙には人をスッキリさせ、立ち直らせる効果がある」と考えるようになったという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。