子供の貧困対策の新大綱に向け提言 SSWで見守り強化

内閣府「子供の貧困対策に関する有識者会議」は7月29日、第14回会合を開き、次の「子供の貧困対策大綱」に向けた提言を取りまとめた。高校中退を未然に防ぐことや継続的な相談支援、スクールソーシャルワーカー(SSW)を核に学校と地域による子供の貧困対策、見守り体制強化などを盛り込み、子供の貧困に関する指標の見直しを求めた。

改正「子どもの貧困対策推進法」を踏まえ、これまで以上に実効性のある対策を実施していく必要があるとして、提言では①親の妊娠・出産期から子供の社会的自立までの切れ目ない支援②自治体の子供の貧困対策に関する計画策定や取り組みの充実③支援が届かない、届きにくい子供や家庭の早期発見・支援――の三つの方向性を打ち出した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。