体育館などの暑さ指数を可視化 熱中症対策で実証実験

大阪府吹田市は7月30日、計測センサーを活用して暑さ指数(WBGT)を可視化し、迅速に注意喚起する、新たな熱中症対策の実証実験を、市立中学で開始すると発表した。NTT西日本、NTTフィールドテクノ、フジクラと連携して実施する。

データ収集から通知・警告までの流れ(NTT西日本提供)

7月30日から9月30日までの実施期間中、同市立南千里中学校の運動場と体育館の2カ所に計測センサーを設置。計測するのは温度、湿度、輻射(ふくしゃ)熱などで、暑さ指数は5段階で表示され、データがクラウドサーバーに蓄積される。

教職員や教委担当者は、職員室や教委のパソコン、タブレットから暑さ指数などを確認。暑さ指数に応じた対応を検討する。

また、暑さ指数が基準値を超えると、教職員のパソコンやスマートフォンにメールが送られるほか、運動場や体育館に設置したパトランプが赤色に点灯し、アラーム音が鳴って教職員と生徒に注意喚起する。

担当する吹田市教委学校教育部は「これまでは教職員が温湿度計などを確認して、危険度の判断をしてきた。センサーとクラウドを活用して可視化することで、タイムリーに注意喚起につなげられる」とし、「実験で効果を検証し、全ての学校での熱中症を防ぎたい」と意気込みを語る。