発達障害の食の困難でフォーラム 「適切な発達支援を」

「発達障害の食の困難と発達支援」と題したフォーラムが8月2日、東京都東久留米市の東京学芸大学附属特別支援学校(内田賢校長、児童生徒67人)で開催された。東京学芸大学と同校の共催で、講演とパネルディスカッションが行われ、教員ら約100人が聴講した。

東京学芸大学の髙橋智教授は、「本人・保護者調査からみた発達障害と食の困難」の演題で講演。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。