2025年の教師の姿を予測 教育展望セミナーがスタート

教育現場の最新課題を議論する「第48回教育展望セミナー」(教育調査研究所主催)が8月5日、「これからの時代に向けた教育の改革と創造 ―AIの時代を視野に入れた教師力―」をテーマに、都内で2日間の日程でスタートした。初日となった5日には「AIやSociety5.0の時代を踏まえて学校はどう変わるべきか」と題してパネルディスカッションが行われ、教員ら約200人が参加。新学習指導要領の全面実施に向け、ICTを活用しながら、これからの教師に求められる力について議論が交わされた。

パネリストは、東京学芸大学副学長の松田恵示教授、文科省初等中等教育局の安彦広斉視学官、信州大学学術研究院教育学系の東原義訓教授、教育調査研究所の寺崎千秋研究部長(本紙論説委員)。千葉大学の天笠茂特任教授がコーディネーターを務めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。