ゲームで探究型STEAM教育 日野田直彦校長が抱負

経産省の「未来の教室」実証事業のモデル校である武蔵野大学中学校で、新たにゲームをテーマにした探究型STEAM教育などの実証実験に取り組むことになり、8月7日、キックオフ集会が開催された。同校の日野田直彦校長や経産省の浅野大介教育産業室長らが意気込みを語るとともに、実証事業に取り組むEdTech企業3社が、狙いや手法をプレゼンテーションした。

浅野室長は冒頭、「学校現場というものは、教育をイノベーションするためのラボだ。。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。