【学校基本調査】特別支援学校、過去最高14万4435人に

文科省は8月8日、2019年度学校基本調査の速報値を公表した。少子化の影響を受け、小学校の在学者数は636万8545人、中学校の在学者数は321万8115人で、共に減少し過去最少となった。一方、特別支援学校の在学者数は14万4435人に増加し、過去最多となった。また、短大や大学を含めた全体の女性管理職の割合が29.0%(前年度比1.1ポイント増)となり、過去最高となった。
在学者数は小中学校共に減少 少子化の影響色濃く

調査によると、学校種別の在学者数は▽幼稚園 114万5574人(前年度比6万2310人減)▽認定こども園 69万5210人(同9万1256人増)▽小学校 636万8545人(同5万9322人減)▽中学校 321万8115人(同3万3555人減)▽義務教育学校 4万747人(同6188人増)▽高校 316万8262人(同6万7399人減)▽中等教育学校 3万2153人(同172人減)▽特別支援学校 14万4435人(同1056人増)▽専修学校 65万9739人(同6607人増)▽各種学校 11万6945人(同6330人減)▽大学 291万8708人(同9549人増)。

多くの学校種で在学者数が減少する中、認定こども園、義務教育学校、特別支援学校、専修学校、大学では増加した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。