【山本崇雄教諭・山藤旅聞教諭】新しい教員の働き方

公立高校の教諭として、長年にわたり斬新な手法で教育改革を推し進めてきた山本崇雄教諭と山藤旅聞教諭。二人は今春、公立高校を辞し、私立新渡戸文化学園の教員として新たなスタートを切った。「私立での実践を一つのモデルとして、日本の学校教育の改革に広げたい」と語る二人が描く教育の未来とはどのようなものなのか。その狙いを縦横に語ってもらった。3回に分けてインタビューをお届けする。




教員のまま多彩な肩書を持つ

――お二人は今年4月から新渡戸文化学園に勤務しています。現在はどのような働き方をしているのでしょうか。

山本 所属校である新渡戸文化学園に英語科の教員として週4日通い、さらに学園全体のデザインを考える管理職的な立場を兼任しています。また、週1日は横浜創英中学・高等学校に出向き、教育アドバイザーとして授業づくりや学校づくりの助言をしています。

その他に民間企業3社と契約しています。企業のリレーションシップマネジメントを行う日本パブリックリレーションズ研究所では研究主任。持続可能な社会の実現を視野に飲食店などを経営するゲイトと、教育系のアプリを開発するアルクテラスではアドバイザー的な立場で、CSRや教育の観点から助言などをしています。

山藤 私も学園での立ち位置は、山本と同じです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。