【山本崇雄教諭・山藤旅聞教諭】変化の波を感じるなら…

公立学校から私立学校に活躍の場所を移した新渡戸文化学園の山本崇雄教諭と山藤旅聞教諭。20年以上在籍した公立学校を去ることに不安はなかったのだろうか。3回にわたるインタビューの最終回では、これまでの道のりにあった葛藤や不安、二人が描く今後のキャリアプラン、現在悩んでいる教員へのアドバイスなどを聞いた。


山藤旅聞教諭(左)と山本崇雄教諭[/caption]
正直つらくなるときもあった

――20年以上在籍した公立学校を去ることに、不安はありませんでしたか。

山藤 私立学校に移る前、何のために教員をしているのか自問自答を繰り返しました。その上で教育のプロフェッショナルとして社会にインパクトを与え、より多くの子供たちを笑顔にするという目標を実現する上で、今回の選択が最適だと判断しました。

公立学校の運営は税金で賄われ、教員は募集対策など考えずに済むため、本来なら公立でこそ真の教育を追求できるはずです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。