担任の役割の頭文字は「CARD」 教諭ら実践発表

日本授業UD学会が8月15日に筑波大学附属小学校(東京都文京区)で開催した「学級経営全国大会」では、現場教員による実践発表もあった。「全ての子供が生き生きと学ぶ学級経営に向け、教師がやるべきこととは」をテーマに、ユニバーサルデザイン(UD)化された学級経営の理論と方法について、報告と意見交換がなされた。

「インクルーシブな学級づくり」と題して実践発表した神奈川県小田原市立足柄小学校の上條大志統括教諭は、担任として学級経営に求められる役割を四つに分類。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。