教育の情報化の手引きで素案 各教科のICT活用例示す

約10年ぶりの改訂作業を進めている文科省の「教育の情報化に関する手引」の作成検討会は8月19日、第3回会合を開き、事務局が提示した手引きの素案について協議した。素案では、特別支援教育における情報教育の記述を充実。新たに情報活用能力の育成事例や、ICTを活用した各教科での具体的な指導場面について盛り込む方針を示した。

素案段階での手引きは①社会的背景と学習指導要領における教育の情報化②情報活用能力の育成③プログラミング教育の推進④教科等の指導におけるICTの活用⑤教師に求められるICT活用指導力等の向上⑥校務の情報化の推進⑦学校におけるICT環境整備⑧学校及びその設置者等における教育の情報化に関する推進体制――の全8章で構成。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。