LINEがプログラミング教材を無料提供 出前授業も

プログラミング教育を支援する目的で、LINEは8月19日、今秋にリリース予定の「LINE entry」によるプログラミング教育用のソフトウエアや教材を、無料で提供すると発表した。それに先駆け、専任講師が学校でプログラミング教育を支援する出前授業の事前申し込みを21日から開始する。

LINE entryを体験する子供ら(LINE提供)

LINE entryは、同社が放送大学や千葉大学などと共同開発したプログラミング学習プラットフォーム。学校や教育委員会との連携で培った、同社の情報モラル教育のノウハウを生かし、2020年度から始まる小学校でのプログラミング教育の必修化に合わせて、学校の授業や子供の家庭学習でプログラミングを学べるコンテンツを提供する。

コンテンツの目玉であるプログラミング教育用ソフトウエアでは、テキストではなく、視覚的なオブジェクトを組み合わせてプログラムを作成する、ビジュアル型のプログラミング言語を採用。さらに、新学習指導要領に基づいたオリジナル教材も開発する。

合わせて同社では、「LINE教育財団(仮称)」を設立し、LINE entryを利用した学校での出前授業を展開する。出前授業は小学4~6年生の算数が対象で、同社が認定した専任講師が学校を訪問し、授業をサポートする。申し込みは1校につき年1回、1日最大3コマまで対応する。

8月19日には、東京都内でLINE entryを使った体験授業が開催された。