夏休み明けに教職員増員 いじめ問題対応で岐阜市教委

岐阜市立中学校3年生の男子生徒が転落死し、自宅からいじめを示唆するメモが見つかった問題を巡り、岐阜市教委は8月20日、夏休み明けからいじめ対策や生徒のケアを強化するため、教頭を2人体制にするなど教職員計4人を増員すると明らかにした。また、在校生へのアンケートで男子生徒へのいじめを見たり聞いたりしたと答えた約100人のうち、約50人から聞き取りに協力するとの回答が得られたとして、第三者委が夏休み明けから聞き取りを始めるとした。

第三者委は同日、非公開の会合を市役所で開催した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。